転職者ならではの入社後の注意点を紹介します

転職者にありがちな入社後の失敗とは

 

 転職者、つまりある程度社会人を経験している人が新しい職場で働くことになった時、入社後によくしてしまう失敗が幾つかあるので、あなたも同じ轍を踏まないよう予習しておいた方がいいでしょう。

 

 最も注意したいのは、転職前と転職後との比較をしてしまうこと。もう元の会社に戻るのは難しいわけですから、わざわざ相違点を見出そうとするのではなく、今やるべきことに集中しなければなりません。

 

 自らの実績を自慢してしまう転職者も多い。入社後にこれをしてしまうと孤立必至。あなたが働きづらくなってしまうので、これも気にしておきたい、そしてやってはいけない注意点となるでしょう。

 

 何事にも消極的になってしまう、これも避けなければなりません。転職後は心機一転積極的に働き、自ら動ける人材であるとアピールすることを忘れてはいけないのです。

 

仕事上の距離感と私生活での距離感

 

 転職すれば新しい仲間が増えると思います。そうした人たちとの距離感の図り方や距離の取り方も、入社後の注意点となるでしょう。

 

 どの人とどんな距離感で接するのかはあなた次第のところがありますが、仕事上の距離感と私生活での距離感を区別する意識だけは持っておいてください。
 仕事上で仲がいいからプライベートでも仲良くする必要はありませんし、それによって面倒なことになる可能性も否定はできないため、入社後しばらくは、特に私生活での距離感の取り方には気をつけておいた方がいいと思います。

 

 私生活での距離感を縮めても問題がないと判断できれば、随時、距離を縮めるなどしていけばいいのです。

 

転職先の良いところを見つけよう

 

 最初に紹介した転職前と転職後との比較をしないように、という入社後の注意点とリンクするのですが、できるだけ転職先の良い部分を見つける努力も怠らないようにしてください。

 

 良いところが見つけられれば、「転職してよかった」と思えるはずです。この意識を早く、あるいは大きく持つことができれば仕事にも精が出せ、時間をかけずに結果が出せるのではないでしょうか。

 

 転職者は社会人経験がある分、結果も早めに出す必要がありますから、それに繋がる注意点として覚えておいて損はないと思います。

 

 

【関連記事】