あなたが思う試用期間と、本当の試用期間は違うかもしれません

試用期間の一般的ルール

 

 ルールと言うと少し大げさかもしれませんが、試用期間には一応、通念的な考え方が存在しています。

 

 まず第一に、試用期間とは、本採用とするまでの間、新しく入社してきた労働者の能力などと企業が求めている能力などが合致しているかを確認するためのものであるということ。

 

 解約権を持つ企業であっても、その乱用は許されないことも大事な考え方のひとつ。期間に明確なルールはありませんが、1ヶ月から6ヶ月の間で設定する企業が多く、平均すると3ヶ月程度となるでしょう。

 

 試用期間中に自主退職することも可能ですが、2週間前までに退職届を出すなど意思表示をしておかなければなりません。

 

試用期間で判断されるのは合格・不合格ではない

 

 労働者の能力などが企業が求めているものと一致しているか、これを確かめるのが試用期間。しかし、ここで勘違いしてはいけないのは、試用期間で判断されるのは決して合格か不合格かということではない点です。

 

 試用期間はテスト期間ではありません。審査期間でもなければ採用を決定するか否かを決める期間でもないのです。試用期間というものを体験しているということは、既にその会社の従業員の一員であり、紛れも無く正規雇用契約を結んでいます。

 

 つまり、合格している状態なのです。ここを誤解していると試用期間の本質がわからなくなるので、転職前に正しい理解をしておきましょう。

 

試用期間で企業の質がわかる?

 

 試用期間のルールのようなものを最初に挙げましたが、これらとあなたが求人で見た企業の試用期間制度を見比べてみれば、もしかしたら会社の質がなんとなくわかるかもしれません。

 

 例えば試用期間の長さ。これは最長でも6ヶ月と考えておきましょう。6ヶ月に設定している企業すらほとんどないため、「長いのではないか」と感じたら、その企業を入念にリサーチする必要が出てきます。

 

 試用期間を合格や不合格という言葉を使い表現している企業も気を付けたいですし、そもそも期間を定めていない企業も警戒した方があなたの将来を守ることに繋がるのかもしれません。

 

 

【関連記事】