転職者が知っておきたい退社と退職の違い

知らないと常識ハズレ?退社と退社の違い

 

 日本語は時に曖昧で、使い分けが難しい言語とも言われることがあります。同じような言葉でも違う意味を持っていたり、同音異義語もかなり多い。前者の代表例で転職に関連する言葉と言えば、「退社」と「退職」がありますね。退社と退職の違い、これは転職希望者であれば知っておかないわけにはいかないでしょう。

 

 もし退社と退職の違いを知らないと、転職活動中、例えば応募先企業などに違和感を与えてしまうかもしれません。応募書類や面接の場でどちらを使うかはとても大事。

 

 簡単に説明してしまうと、「退社」は、会社を辞めるという意味と、業務終了後、会社から帰宅するという意味を持つ言葉であり、「退職」は、会社を辞めるという意味と、職を退くという意味を持つ言葉。

 

 つまりは、転職のために会社を辞める時には、どちらも使うことが可能。しかし、「退職」を使うのが暗黙のルールとなっているので、注意しなければなりません。

 

臨機応変に使い分けてみよう

 

 転職する時には、一貫して「退職」を使うのがルールのようにはなっていますが、しかし、臨機応変に使い分けができてこそ社会人です。

 

 例えば、面接の時などに、面接官が会社を辞めることを「退社」と表現したら、あなたもそれに合わせましょう。間違った使い方ではないわけですから、そこで敢えて「退職」と表現し、暗に面接官のミスを指摘することはありません。

 

 退社と退職の違いを知った上で使い分けることができれば完璧、そう思い、これらの言葉を使ってみてください。

 

 

【関連記事】