まとめてみよう!面接でのNG集

全てにおいてわかりづらいNG集

 

 面接では、わかりづらい表現などは、全てがNG集に分類されてしまいます。志望の動機が曖昧で、見当がつきづらい場合には当然NGが出されてしまうでしょう。質問に対する答えが上手なキャッチボールになっていない場合にもNGです。質問への答えを決めすぎてしまうと、こういった現象が起こりやすいので要注意。

 

 話す時、口癖のように、「でも…」とか、「まあ、そうですね」などと口走っていると、話している内容に説得力が生まれず、何が言いたいのかわかりづらくなってしまうでしょう。もちろんNG集行き。面接では、どの場面においても「わかりづらさ」は厳禁なのです。

 

全てにおいて熱過ぎるNG集

 

 逆に、わかりやす過ぎるくらい熱い演出もNG集行きとなってしまうことが多いようです。「他に応募しているところはない!」、「ここしか考えれない!」という情熱は伝わってきても、そういう人は社内にいると浮くことも多く、「口だけで仕事ができない」と感じさせてしまうことも多い。

 

 大き過ぎる夢を熱く語り、一般的な企業への入社では叶えられないような人生設計を持っている人も、NGをくらう可能性大。そういう人が好きな人事担当者もいるかもしれませんが、普通は通用しません。

 

 冷め過ぎてもNGですし熱過ぎてもNGですし、冷静に闘志を燃やしつつ、雰囲気よりも言葉で説得力を提供しないと、大抵はNG集行きになってしまうと理解しておいた方がいいでしょう。

 

 

 

【関連記事】