自分のペースを作るための自己紹介

自己紹介は絶好のアピールの機会

 

 先手必勝、という言葉がありますが、転職活動においては、面接時の自己紹介が、まさにこれを体現するための場なのかもしれません。アピールを能動的に行い、そこで自分のペースや空気感を作ることができれば、自己紹介がこれほど大きな意味を持ってくることはないでしょう。

 

 転職前の会社のことや、そこでどんなことをしてきたのかを自己紹介に加えてみてください。役職や具体的実績は欠かせません。転職を決意した理由、退職を決意した理由を適切な言葉で、それが逃げの理由にならないように伝えます。

 

 気合いを入れすぎて長時間この自己紹介に費やさないことと、前のめりになり過ぎて、志望動機や企業への熱い思いを延々と語らないようにすること。これらには注意しなければなりません。

 

自己紹介で作り上げておきたい人材像

 

 面接時の自己紹介で作り上げておきたいのは、あなたの人物像です。理想は、「企業にこう捉えておいて欲しい」という人物像です。

 

 それが上手くできれば、面接での質問内容も、より具体的なものになるかもしれません。質問が具体的になると、その答えも引っ張られるように具体的になるもの。つまり、あなたの本質や良さ、魅力や能力などを、面接官が自ら掘り出してくれるのです。

 

 自己紹介には、そんな効果や作用があることを知っていれば、「いい加減なものにはできない」と思えるのではないでしょうか。この意識を持つことこそが、最も重要なのかもしれません。

 

 

 

【関連記事】