転職者が目安にすべき活動期間

20〜30代の転職者の目安期間

 

 転職活動は、ダラダラと行っても、欲しい成果を手にすることはできません。自分の転職の目的にマッチする企業を見つけるためには、キャリアの棚卸しと自己分析、自身の市場価値のリサーチをきちんと行ったうえで、キャリアビジョンを再構築し、転職の目的を明確にする必要があります。

 

 さらに、転職活動には、求人探しから応募企業の選定、企業研究、会社別の応募書類の作成、書類選考、面接、採否の連絡と、必要なプロセスがあり、その作業にも時間が必要です。

 

 そのうえで、20〜30代の転職活動期間の目安は、求人探しから一社目の内定までで1〜3カ月とされています。

 

 転職活動を始めるときには、目安期間に基づいて計画をたて、自分が各プロセスでどれくらい時間がかかるのかを計算し、見直しをかけていくようにしましょう。

 

40代以降の転職者の目安期間

 

 40代以降が応募可能な求人が増えていますが、転職期間と結果を得るのは、若いときと同じというわけにはいかないのが現実です。そのため、転職活動の目安期間としては、求人探しから一社目の内定をえるまでを、3カ月から半年と想定することをおすすめします。

 

 とはいえ、内定を得た企業に入社することが目的ではなく、自分のキャリアにつながる職場を見極めなければなりません。さらに、40代以降の転職希望者は、会社で管理職として重い職責を担っていることも多いので、在職中に転職活動する場合には、退職スケジュールも考慮しておく必要があります。

 

 自分を取り巻く環境を考え、円満退職に必要な期間も考慮したうえで、転職計画をたてるようにしましょう。また、転職後に後悔しないためには、転職エージェントなどを活用することもおすすめです。

 

 

【関連記事】