転職計画の立て方と使い方

転職計画を組み立ててみよう

 

 転職活動の手の付けどころがわからないというのは、よくあるケース。転職計画を組み立ててみましょう。転職活動をする上でなくてはならない要素を紙に書き出してみます。この要素は、避けては通れず、やらなければならない事柄のこと。例えば活動全体の流れの把握であったり、キャリアを整理していく作業であったり、転職の目的を明白にしていく作業であったり。

 

 また、応募書類の作成や面接対策なども転職計画にはなくてはならないこと。退職についても考えておきたいですね。こうした事柄を順番に並べ、どのくらいの期間で遂行していこうかを考えていけば、徐々に転職計画が組み立てられていきます。

 

組み立てた転職計画の使い方

 

 計画を組み立てたところで何に使えるのさ、なんて思うかもしれません。要所要所で役に立ってくれるのがこの転職計画の渋いところ。今、何をすべきなのかが明確になり、時間の無駄使いなども避けることができるでしょう。

 

 最終目標は転職ですが、その長い期間を小分けにし、小さな目標を幾つも設定することで、延々と続きそうにも思われる転職活動を、「そうでもない」、「確実に進んでいる」と自分に思わせることもできるようになります。

 

 どこかで迷った時にも計画設計の意味や役割が大きくなってきます。どこで、何故迷ってしまったのかが掴みやすくなるのです。次の一歩も出しやすくなるでしょう。

 

 

【関連記事】